相模原の鍼灸・整体 上番田鍼灸院です。#8

2019/12/03 ブログ
logo

今日は2週に1度、火曜日に通われている患者さんが来院されました。普段は主婦業と飲食店のパートで忙しく過ごしている方で、首や肩のコリが強く、酷くなると頭痛やめまいも出る事がありました。この上番田鍼灸院に来てからは、そういった症状は出なくなったと言っていただけていますが、やはり疲労が蓄積すると首や肩は辛くなり始めるとおっしゃいます。そしてご本人も時々気にされていて、私自身も機になるのが腰の硬さです。特に右の腰の硬さはかなりのもので、普段整体でほぐそうとするのですが、だいぶ以前にカイロで痛めてからはあまり押されたくないと要望があったため、鍼を提案したところ最近になって挑戦されています(ご本人が注射が苦手なのでやる気になったらという話でした)。

そういう訳でいつもは鍼か整体か確認するのですが、今日はご本人から鍼をしたいと言われたので、身体の事を考える際に選択肢が広がり、苦手意識があった鍼も受け入れてもらえたのは嬉しい事でした。

鍼灸治療をしていると、最初に難しいのがいきなり鍼治療をしようと思い立つ方があまりいない事です。やはり万人のイメージとして鍼は「痛い」「怖い」が先に来てしまうからでしょう。なので、上番田鍼灸院では無理に鍼灸治療は勧めません。鍼の良さや価値を知ってもらって、それから前向きに鍼の事を考えられるようになるのが大事だと思っています。そうする事で不思議と治療効果にも違いが出るのです。前向きに通い、前向きな治療をする。全員の患者さんがそうなれるように心がけたいものです。

皆さんお大事に。