相模原の鍼灸・整体 上番田鍼灸院です。#39

2020/02/11 ブログ
logo

今日はリフレクソロジーと整体を組み合わせで予約をした患者さんが来院されました。寒さが厳しい中、足元が冷えたり立ち仕事で足がむくんだりという事でした。また、現在服用されているお薬の関係上、副作用でむくみが出るのも気になる様子でした。リフレクソロジー自体は初めてではないので、いつも通り施術していく流れでお話はまとまりました。

上番田鍼灸院では、整体を先に施術した後にリフレクソロジーをするのですが、リフレクソロジーの前に5分程足浴をして頂きます。冷え切った足では施術時に余計な痛みを感じやすいですし、温める事で足の体液の循環が良くなるからです。準備を整え始めていくと、大抵の方はそうですが、少し痛がる箇所が出てきます。足裏には身体の位置を表した反射区という場所があり、痛がったり施術している時の感触などで肩なら肩、胃なら胃、といった具合に疲れている身体の部位を判断していきます。そしてむくみが強い方は、内くるぶしの下あたりに老廃物や体液が溜まりやすく、人によってはイクラが1粒、多い場合2~3粒埋まっている様な感触があります。足裏から始め、膝下まで上がった後再び足裏で終わらせると、始める前は紫色になるくらい循環が滞っていた足の裏も、赤くなって柔らかくなります。施術者としては、硬かった足の裏をフカフカに耕した気分です。

今日来た方も、履いてきた踵の高い靴が、お帰りの際にはスルッと履けて喜んでくれました。笑顔で帰って行かれましたが、寒さに負けず元気で居て欲しいものです。

皆さんお大事に。